トンカットアリ(tongkat ali)ナガエカサ eurycoma longifolia ユーリコマロングフォリオ アリさんの杖
レインフォレストハーブ
ハーブ製品 オトイレの心配 ●男性スッキリ爽快 ●女性さらり安心 ●グッスリすりーみん ●男の朝の元気
毎日のハーブ(苦い!) ●ダイエットハーブ ●男性ハーブ ●女性ハーブ ● トンカットアリ元気システム
ハーブ情報 トンカットアリ  ●フーディア  ●ダイエット体験談  ●マレーシアのハーブ  ●こだわりハーブ
その他 ドライフルーツ  ●ココナッツオイル  ●紹介されたメディア  ●会社情報  ●ショッピング 
太陽の恵み・・苦い! 熱帯雨林の恵み・・苦い! ブッシュマン
malay.jp トップ >>TONGKAT ALI
TONGKAT ALI
トンカットアリ
トンカットアリ




<学術名>
eurycoma longifolia
<マレー名>
TONGKAT ALI (トンカットアリ)
<日本名>
ナガエカサ
<ニックネーム>
・アリさんの杖
・100の病気を治す薬草

<飲まれ方>
・遊離テストステロン (男性ホルモン)
・精子の数と動き
・腎

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

トンカットアリ イメージ

 

トンカットアリ(学名 Eurycoma longifolia)

植物の使用部位
:根

従来の用途
このハーブはマレーシアではトンカットアリとして有名で、翻訳するとアリさんの杖(または松葉杖)の意です。これは、この植物が伝統的に男性の催淫薬や強壮薬として長く利用されてきたことによります。従来、発熱の治療薬や抗マラリア薬としても利用されています。

科学的研究
マレーシアでのその評判の高さから、この20年間、植物化学の研究対象とされてきました。トンカットアリは、ユーリコマノールやユーリコマノールラクトンなどのカシノイド、アルカロイド、ステロール、サポニン、テルペノイドを含有しています。

カシノイド成分を含有する植物については数多くの研究があり、関連のある数種と併せて、その抗腫瘍性や抗癌性に注目して研究が行われています。マレーシアでのこの研究により、分離した成分が植物全体のエキスと同じく、催淫性、抗マラリア性、解熱性、抗ヒスタミン性、抗腫瘍性、抗潰瘍性、抗ウイルス活性を示すことが確認されています。

以下の抄録は、マレーシア科学大学(USM)薬学部のアング教授とシム教授の5年にわたる研究結果をまとめたものです。

この研究では、この植物にラットの雄の性的活動性を高める特性があることが示されました。トンカットアリは、交尾の頻度と持続時間を増大させたほか、陰茎の勃起指数を上昇させることが明らかにされ、性的興奮の強力な刺激薬となっていました。

1. トンカットアリは交尾経験のない雄ラットの性的動機付けを高める。
本研究の目的は、トンカットアリの催淫性の証拠を示すことにある。複数の試験を実施し、雌ラットの獲得に自発的に乗り出すことへの雄ラットの困難度を判定した。

その結果、交差、マウンティング、射精のいずれについても、観察期間の第9〜12週で成功した総回数がトンカットアリにより上昇し、また高値が維持されたことが示された。結論として、これらの結果はトンカットアリの催淫性をより強調するものとなった。

2. トンカットアリと交尾経験のある雄ラットにおける交尾への関心について。
トンカットアリの作用については、受容雌に対する雄ラットの活動性を焦点として研究が行われた。その結果、トンカットアリを投与した雄ラットが受容雌に対してマウンティングや、なめる、嗅ぐといった行為をより頻回に精力的に行う様子が顕著に示され、その活動性を改善することが明らかにされた。これにより、現在の研究ではトンカットアリを催淫薬として民間療法に採用することがさらに支持されている。

3. トンカットアリは交尾経験のある雄ラットの性欲を向上させる。
トンカットアリの作用については、交尾経験のある雄ラットを対象に、異なる割合でトンカットアリ200、400、800mg/kg 体重、1日2回を10日間投与した後の性欲に注目して研究が行われた。

その結果、さまざまな方法で抽出したトンカットアリ400mg/kgを投与したラットのマウンティング回数が通常の約5倍となったことにより、トンカットアリが、マウンティング回数に用量依存性の増加を示すことが認められた。本研究は、性的活力はあるものの生殖器の感覚のフィードバックが欠如した雄ラットにおいて、トンカットアリが性的興奮の強力な刺激薬となる証拠を示すものである。

トンカットアリの医薬用途
§ 強壮薬として身体的・精神的機能の改善
§ 不妊症および性欲低下
§ 疲労
§ 感染症および発熱
§ マラリア

現在、愁訴として最も多く挙げられるものに、男性の生殖機能に影響を及ぼすエネルギーの低下や疲労があります。そのため性欲の低下、不能症、不妊症にいたることがあります。ライフスタイルによるさまざまな要因がこの問題をまねいており、有効な治療法が世界中で求められています。

トンカットアリ プラスはマレーシアの熱帯雨林で採取され、性機能を回復させる配合ハーブとして最も研究が進んでおります。男性の活力や性機能を向上させることが明らかになっており、ストレス耐性を高めます。

性的活力やエネルギーが衰える原因
1. 情動ストレス
2. 病後の衰弱
3. 栄養不良
4. 血行不良
5. ホルモンの不均衡
6. 糖尿病や高血圧などの健康上の障害
7. 薬物およびアルコール
8. 貧血
9. 肥満

トンカットアリ の作用は次の通りです。
→ ストレスおよび神経衰弱の影響の低減
→ 男性の生殖機能の向上
→ 身体的・精神的機能の改善


トンカットアリ(Tongkatali)とは?
マレーシアではトンカット・アリ(アリさんの杖)という名で良く知られている国民的に有名なハーブです。オランアスリ(森の住人)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、その根を煎じて飲まれていました。

最近ではマレーシアのコンビニエンスストアなどでも栄養ドリンクとして販売されるようになり、マレーシアの男性の間では、このトンカットアリのことを知らない人はいないようになりました。

バイオ研究の世界では、このトンカットアリの遺伝子を稲などの農作物に組み込み、農薬を使用しなくても病気や害虫などの影響を受けずに丈夫に育つ稲などの研究が盛んに行われております。

<特徴>
●遊離テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促す
●精子の動きを活発にする
●腎機能に関与

現地名
Tongkat Ali(トンガットアリ:アリさんの杖)

学術名 
Eurycoma longifolia

通  称
100の病気を治す薬草

●昔からオランアスリが食べていたの?
オランアスリは、トンカットアリの根っこを細かく砕き、それを煎じる方法で、古くから伝統的に飲んでいます。 それを飲むオランアスリは、いまでも10人以上の家族は珍しくありません。 昔は、このトンカットアリをジャングルから引き抜くときには、その前に神に祈りを捧げるような風習があったようです。

●なぜ貴重で供給に制限があるの?
栽培することは非常に難しく、原料となるトンカットアリの根っこは全て野生のものに限られます。しかも、トンカットアリは一般の人では数日間ジャングルに入ったとしても、まず見つけることができない貴重なものです。オランアスリなど、ジャングルに住む特定な人にしかその生息している場所は知られていません。 収穫には5年から10年位のものを選びます。また、男性ホルモンに関与する成分(ユーリコマノンなど)は根っこの部分のみにしか含まれていないので、使用できる部分はほんの僅かしかありません。

●生まれた壮大な故郷は?

マレーシアの熱帯雨林は地球上で唯一、氷河期に生命が途絶えることなく、1億3000万年以上もの長い間、古代よりの植物が現代も行き続けている力強い神秘的な地域です。植物や野鳥の種類はそれぞれ数千種類以上も確認されており世界で一番豊富と言われています。 今でも野生のゾウやトラなどが多く生息しております。

≪ハーブの生息地および伝統≫
マレーシア、インドシナ、スマトラ、ボルネオの熱帯雨林に見られるニガキ科の潅木の1種である。
中型で細長く成長すると高さ10メートルほどに達する。
枝がないことも多く先端には赤茶色の葉柄が見られる。
葉は偶数羽状複葉で長さは1メートルに達する。各複葉は30ないし40の小葉からなり、各小葉は長さ約5-20センチ、幅1.5-6センチである。
花は両性花で、小さな花弁は細かい柔毛におおわれている。
果実は硬く、長さ約1-2センチほどの楕円形で、初めのうちは黄土色をしているが熟すと茶色がかった赤色になる。
どの部分も苦味があり、根は地元民により薬として広く用いられ、解熱、産後回復、炎症性の腫れ物、創傷、潰瘍、梅毒、歯肉出血の治療などに効果を発揮する。

どの様な働きをするの?
マレーシアではトンカット・アリ(アリさんの杖)という名で良く知られている国民的に有名なハーブです。オランアスリ(森の住人)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、その根を煎じて飲まれていました。

昨今、マレーシア・日本、そしてアメリカにおける、徹底した臨床実験と学術的研究により動物における以下の印象的な成果をおさめることができました。

●遊離テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促す  
テストステロンを4.4倍に増やす働きがある。
(あるレポートでは男が生まれる可能性が女の3倍に増えるという事も動物実験で得られました。 )

●スタミナの増強  
ストレス緩和にも役立つ。
(トンカットアリ投与・未投与ラットを比較し投与ラットが迷路への進入回数や走路での滞留回数が減少し、闘争行動の回数も有意に減少することが実験により明らかになりました。)

●精子の働きを活発化
精子の動きを活発にし精子の生産を増やす。

●男性機能の改善
セックスの回数と長さが増加する。

●その他に特記される働き
その他に、抗がん・抗HIVの特性も見ることが出来ました。
特にいくつかの有効成分のうち、14,15βジヒドロキシクライネアノンが、発ガン促進因子が誘発するEBウイルス活性の抑制(抗ガン促進)にもっとも効果があることがわかりました。
米国のマサチューセッツ工科大でも、マレーシアの研究機関と共同で効果や仕組みの解明にむけて研究開発をしています。

●抗不安作用 ●抗マラリア作用 ●抗ウイルス作用 ●解熱作用
●抗ガン作用 ●抗HIV作用 ●抗腫瘍作用

【主な有効成分】
●ユーリコマノン
●13α-エポキシューリコマノン
●ユーリコマラクトン
●14,15β-ジヒドロキシクライネアノン

男性生殖器官の衰えに関連する4つの主な原因を改善する作用を持っていると考えられています。

1.ライディッヒ細胞低下の影響を受けることなくフリーテストステロンを最大化
18歳の男性の場合、もっと多くのテストステロンを合成せよという脳からの指示が睾丸のライディッヒ細胞へと送られます。その指示に対して睾丸は大量のテストステロンを分泌しはじめます。
しかし、年をとってくると、このライディッヒ細胞が不活発となり、脳の指示に反応しなくなっていきます。つまり体がテストステロンを送りだして欲しくとも、実際は僅かしか分泌されないわけです。 トンカット・アリには、このライディッヒ細胞の反応低下の影響を受けることなく、遊離テストステロンを最大限に増加させる働きがあります。

2.SHBG(性ホルモン結合グロブリン)値を低下させ遊離テストステロンを増やす
ただでさえ加齢やストレスで減っているテストステロンを、SHBG(性ホルモン結合グロブリン)という物質が、テストステロンをしばりつけて、その機能を低下させてしまいます。 男性が年をとるとこのSHBGが大幅に増えはじめます。その為、テストステロンの大部分がSHBGにしばりつけられ利用できなくなってしまうのです。
トンカット・アリは、このSHBG(性ホルモン結合グロブリン)値を平均で30%低下させることで、遊離テストステロンを増やす働きがあります。

3.性的機能に関連する代謝機能の活性を高める
男性生殖器に関連する組織の代謝活性は時とともに衰えていきます。その結果、そうした組織の循環が鈍り生殖器の効率が低下し男性機能は低下していきます。
言い換えれば、性的能力や性欲に関連した組織が「枯れ始める」ということになります。 トンカットアリは、代謝機能の活性を、60%も高めることで、男性機能の改善に効果的を発揮すると言われています。

4.スタミナの増強
ラットによる多くの実験により性欲促進剤としての効果が裏づけされています。主に性欲に対するスタミナの増強に寄与することが実験結果により見てとれます。
オスのラットにトンカットアリを投与しメスラットへの生殖行動について実験をおこなったところ、メスに乗りかかる(乗駕回数)、なめる、生殖器のにおいを嗅ぐといった行動の頻度・活発さが有意に増加する結果を得ました。
また、トンカットアリを投与したラットと、テストステロンで刺激を与えたラットと未投与ラットの肛門挙筋に及ぼす影響を比較したところ、トンカットアリを投与したラットもテストステロンで刺激を与えたラットも、体重当たりの肛門挙筋重量が未投与ラットと比較して増加しました。
この実験結果から、雄性ホルモンの代用効果がトンカットアリにあるということが裏づけられました。
また、ある実験では、トンカットアリを投与したラットのフリップ行動、勃起回数を観察したところ、これらの回数が顕著に増加しました。
これらの結果から、トンカットアリには、性欲促進とスタミナの増強に効果があることがわかります。

標準化
ユーリコマ・ロンギフォリア(Eurycoma longifolia:E. longifolia)は通常、有機抽出物のマーカー成分として、ユーリコマノン、13α(21)-エポキシユーリコマノン、ユーリコマラクトン、14,15β-ジヒドロキシクライネアノンに標準化される。一方、より極性の高いクアシノイドと糖タンパク質は、水様抽出物の標準成分として用いられる。
* 標準化とは情報と対照成分の総体を表し、植物性製品の製品ごとの一貫性を高めるために用いられるものであり、規定量あるいは規定範囲内に存在するマーカー成分が含まれているが、これによって限定されるものではない。(21)

はじめに
ユーリコマ・ロンギフォリアは、マレーシア、インドシナ、スマトラ、ボルネオの熱帯雨林に見られるニガキ科の潅木の1種である。中型で細長く、成長すると高さ10メートルほどに達する。枝がないことも多く、先端には赤茶色の葉柄が見られる。葉は偶数羽状複葉で、長さは1メートルに達する。各複葉は30ないし40の小葉からなり、各小葉は長さ約5-20センチ、幅1.5-6センチである。花は両性花で、小さな花弁は細かい柔毛におおわれている。果実は硬く、長さ約1-2センチほどの楕円形で、初めのうちは黄土色をしているが、熟すと茶色がかった赤色になる。(22) ユーリコマ・ロンギフォリアの木はどの部分も苦味があり、根は地元民により薬として広く用いられ、解熱、産後回復、炎症性の腫れ物、創傷、潰瘍、梅毒、歯肉出血の治療などに効果を発揮する。(22)

マレーシアでは、ユーリコマ・ロンギフォリアは抗鬱薬や解熱薬、マラリア熱、口内炎、腸内寄生虫の治療薬、および男性向けの性欲促進薬として古くから知られている。高血圧や体の痛みの治療にも効果があるとされ、活力増進や産後の強壮にも良いとされる。また、ユーリコマ・ロンギフォリアをペースト状にしたものは、頭痛や胃痛、梅毒による痛みなど、全般的な痛み止めとしての効果があることも報告されている。

薬効薬理
ユーリコマ・ロンギフォリアの根は水で煎じて経口摂取されてきた。この根は、男性の精力を増進させることが報告されたことから、男性の性欲促進薬として広く知られるに至っている。本研究でオスのラットにE. longifoliaを投与したところ、適応行動に変化が見られ、メスに乗りかかる、なめる、生殖器のにおいを嗅ぐ、といった行動の頻度および活発さが有意に増加した。(23) E. longifolia抽出物のクロロフォルム、メタノール、水、n-ブタノールを投与した場合、治験後12週間目における非交尾オスの逡巡時間は有意に減少した。(24)治験後3日目にも性的意欲の増進が観察され、その効果は治験後8日目にはより顕著になった。(25) 中年(9カ月)のオスのSprague-DawleyラットにE. longifolia抽出物のクロロフォルム、メタノール、水、n-ブタノール800 mg/kgを1日2回投与した場合にも、10日間の治験後におけるメスに対する適応行動が活発化した。(26) 別の研究では、E. longifoliaは治験動物の性行動を投与量依存的に活発化させ、前立腺および精嚢の発育を促進することが明らかになっている。(27)

E. longifoliaには抗マラリア作用があることが報告されている。(28) 半精製したE. longifoliaの抽出物は、マレーシアのクロロキン耐性マラリア原虫P. falciparum 6種に対して投与量依存的な抗マラリア作用を示した。(28) E. longifolia のクアシノイド化学成分のひとつ、ユーリコマノンは、複数の薬剤に耐性を持つ試験管培養のPlasmodium falciparum のタイK-1種 に対して、クロロキン(100%)よりも相対的に高い効果(152%)を持っていた。(29) 別の研究では、11-ジヒドロクライネアノンおよび15β-O-アセチル-14-ヒドロキシクライネアノンで IC50値 2 mg/mlという高い抗マラリア作用が確認された。

また、腫瘍プロモーターが誘発するEpstein-Barrウィルスの活性が、E. longifoliaの別のクワシノイドである14,15β-ジヒドロキシクライネアノンにより阻害されることも報告されている(IC50 = 5M)。(30)その他のクワシノイド、 ユーリコマノン、13,21-ジヒドロユーリコマノン、14,15β-ジヒドロキシクライネアノンは、KB細胞に対して強い細胞毒性を持つことが明らかになっている。一方、P388白血病細胞に対して影響を及ぼしたのは、14,15β-ジヒドロキシクライネアノンのみであった。(31) ユーリコマラクトン、6α-ヒドロキシユーリコマラクトン、5,6-ジヒドロユーリコマラクトン、ロンギラクトン、11-ジヒドロクライネアノン、 14,15β-ジヒドロキシクライネアノン、およびniloticin、dihydroniloticin、piscidinol A、bourjotinolone A、3-episapelin A、melianone、hispidoneなどのtirucallane型トリテルペンの一部は、P388およびKB細胞に対して強い細胞毒性を示した。(32) 一方、E. longifoliaの木部から分離された3種のスクワレン型トリテルペンであるユーリレン、14-デアセチルユーリレン、およびlongilene peroxideは、P388細胞に対してIC50値9.5 m10-2 mmol/l、およびKB細胞に対して0.52 mg/mlと5.3 mg/mlの細胞毒性をそれぞれ示した(17, 18, 6, 3)。2種のクワシノイドである6-ジヒドロキシ-ロンギラクトンと7α-ヒドロキシユーリコマラクトンは、P388白血病細胞に対して影響を及ぼした。最近の研究では、E. longifoliaのアルカロイド成分のひとつであり、細胞毒性を持つ9-methoxycanthine-6-oneについては、ラットに経口投与した場合の生体利用効率は低い(吸収率1%未満) ことが明らかになっている 。(33)

その他の生物学的研究では、濃度200 mg/mlのロンギラクトンに有意な抗住血吸虫作用があることなどが報告されている。(34) 解熱剤に関する研究によれば、ユーリコマノン、ユーリコマラクトン、14,15β-ジヒドロキシクライネアノンなどの複数のクアシノイドは、マウスへの投与後1時間でリポ多糖体起因の発熱を緩和し、アスピリンを上回る解熱効果を示した。(35) また、ユーリコマノンについては、抗潰瘍薬としての特性を示したことも報告されている。(36)


マレーシアでは6500種類以上の植物を気の遠くなるほどに長い間にトライアンドエラーの経験を積み重ね、病気の治療に利用しています。

SENDUDUK
センドゥダック
SENDUDUK
 
HEMPEDU BUMI
ヘンペドゥブミ
HEMPEDU BUMI
 
SELASIH
セラッシ
SELASIH
 
MISAI KUCHING
ミサイクチン
MISAI KUCHING
 
PEGAGA
ペガガ
PEGAGA
 
TONGKATALI
トンカットアリ
TONGKATALI
 

イボツヅラフジ

カチプファティマ

ウコン

キダチミカンソウ

ショウガ

アシュワガンダ

シミラックミオソティフローラ

 

関連サイト
 
トンカットアリ
トンカットアリ
 
ホーディア
ホーディア
 
メディカルハーバリスト
 

ココナッツオイル
 
 
モンルトゥール(Mt.retour)オーガニック
オーストラリアACO認定オーガニック (無農薬有機栽培)
モンルトゥール (Mt. retour)
エッセンシャルオイルアロマ
フェイスケアボディケア
ヘアケア製品
バージンココナッツオイルやココナッツシュガーを使用したココナッツダイエットについて。www.ココナッツオイル.jp
バージンココナッツオイルや ココナッツシュガーを使用した ココナッツダイエットについて。 www.ココナッツオイル.jp

 

 

企業情報 男性の活力と健康に元気ハーブ 女性の健康と魅力UPのハーブ ネットストアe-コンシェルジュ
こだわって配合したハーブ トンカットアリ専門サイト 携帯電話ストア男性用 携帯電話ストア女性用
食欲に負けてしまう方へ ブッシュマンダイエット 食抑サボテン ホーディアゴルドニー 携帯電話ストアダイエット用 ダイエット体験談
天然のおいしいサプリ キレイのヒント コラムでお伝え中    
 
   
地図
採用情報
友達に紹介する
Copyright (c) 2005 Rainforestherbs Japan Co.Ltd. All Rights Reserved.